【かっこいいお父さん】になるための道のり

考え方

【トロッコ問題】授業題材として相応しい?

投稿日:

こんにちは。奥さんに背筋を伸ばせと言われたので伸ばした結果「胴が長い」とディスられる僕です。


山口県岩国市の学校で、心の教育として題材にされた「トロッコ問題」に対し、一部の保護者から「不安にさせる」という意見があがり、学校側が謝罪したというニュースに考えさせられたので、今回の「トロッコ問題」の是非について自分なりに考察して、記録を残してみることにしました。

トロッコ問題とは?

「ある人を助けるために他の人を犠牲にするのは許されるか?」という倫理学思考実験

引用元:Wikipedia


今回学校で出された問題をまとめると……

  1. 二手に分かれたレールの上をトロッコが走っている
  2. 自分は分岐点を替えることができる位置にいる
  3. そのままにしておくと5人の人が轢かれて命を落としてしまう
  4. 分岐点を替えると1人の人が轢かれて命を落としてしまう
  5. 上記の状態になった場合に自分はどうするか

といったもの。

自分の選択によって、何らか犠牲が払われるという事態に追い込まれたとき、どう判断するのかという問題提起ですね。

「トロッコ問題」を授業題材としていいのか


あくまでも個人的見解ですが、僕は否定しません

というのも「トロッコ問題」だけに限りませんが、子どもから考えるキッカケを奪うということが問題だと思うんですよね。


「悪い影響を与える」「不安にさせる」という、親目線で子どもを想う気持ちは理解できなくもありません。

……が、それは本当の意味で自分の子どもを守ることに繋がるんでしょうか?


生きていれば色々なストレスや情報が入ってくるわけです。

そんな中で生きていくためには、必要最低限のストレスに耐える力や、情報の是非を自分で判断できる力が必要になる。


繰り返しになりますが「子どもからキッカケを奪う」という行為は、その力を育てるチャンスを奪うということだと僕は思います。


まぁニュース報道も「え、それってどうなの?」という部分を切り取ってピックアップすることが上手なので、今回学校側に謝罪まで至らせた経緯の真意はわかりませんが、子どもの守り方は一考の余地があると思います。

【余談】親としての器を大きく持ちたい

ちょっと前にも「アンパンチ」によって子どもが暴力的になるという話題が上がっていましたが、あれはメディアが笑いを取りに来たのかと思ってました。

たぶん、言った本人も本気でそう思っていたわけじゃなくて、「もしかしたらこうかもよ(笑)」的なノリで言ったことが取り上げられてしまっただけなんじゃないでしょうか?

まぁ本気でそんな風に思っている人がいたら……ちょっと怖いですけど。


なんにせよ、自分が親として気を付けたいことは「器を大きく持っていたい」ということ。

子どもが保育園で悪い言葉を覚えてきたなら、単に「ダメだ」と叱りつけるのではなく、その言葉がなぜ悪いのか、使うべき言葉なのかどうかを一緒に考え、場合によっては自分の価値観が正しいのか振り替えられる親でありたいですね。


-考え方
-,

Copyright© 育成の樹 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.