店長経験

店舗責任者経験から得た仕事術をご紹介いたします。

店長経験

「仕事に行くのが怖い」「職場が怖い」大切なものを失う前にすべき行動

「仕事に行くのが怖い」という人ほど、責任感が強く真面目で「自分が我慢すればいい」と、孤独にストレスをためていることが多い。その結果、休日にも関わらず仕事のことが頭から離れなかったり、朝起きると動悸や息苦しさを感じたりと、体が限界のサインを出し始めます。限界を超えてしまう前に必要な「自分を守るための行動」を紹介します。
店長経験

【実体験】CoachEdは人材育成効果がある?コーチング経験者のレポート

中間管理職が育たない人材が定着しない会社の人材育成環境が整わない こういった悩みを持つ経営者が、外部コーチとして利用する会社CoachEd(コーチェット)コーチングを独学で覚え、人材育成を中心に働いてきた私にとっては、経験上...
店長経験

採用教育費を意識ないと失敗する。人件費削減の裏に隠れたリスクとは

人件費の削減方法を考える時に、意外と見落としがちなのが『採用教育費』です。 人件費の削減には、利益を増やすというメリットがある反面、手順を間違えれば大きなリスクを背負う可能性があるということを知っておくことが重要。 この記事では、人件費を削減するための手順や中間管理職を育てて教育採用費を削減する方法について紹介していきます。
接客業

接客が上手い人が使う『人たらしな接客術』5つのポイント!

「この人接客上手だな」と感じることはできても、【なぜ接客が心地よく感じるのか】を具体的に説明できる人は意外と少ないんです。今回は「どうやったら接客が上手くなるのか」を知りたい人に向けて、店長経験をもとに、あまり知られていない「人たらし」と呼ばれる接客・会話術を会得するヒントをご紹介いたします。
店長経験

部下の能力を引き出すスキル『コーチング』【現場経験15年の実践例】

「なんとなく頭ではわかってるんだけど、コーチングの具体的なやり方をみてみたい」という方に向けて、コーチングの流れを3つのプロセスに分けて、シンプルに紹介いたします。コーチングの始め方を覚えて徐々にステップアップしていきましょう。
店長経験

【さとり世代はダイヤの原石】若者との働き方に困った時のヒント

世代が違えば感性がちがう。仕事をする上では、感性の違いを受け入れることが非常に重要です。受け入れるためにはまず理解して受け入れる。当記事では「さとり世代」にスポットをあてて、ヒントを紹介していきます。
接客業

レジ接客が上手い人ほど意識しているたった1つのポイントとは?

接客業の中でもレジ接客は少し質の違うテクニックが必要になってきます。どのような場面で、どのようにすれば効果的にお客様に好印象を持ってもらいやすいのか……と言ったところを、具体例を含めて紹介していきます。
接客業

高卒フリーターでも出来たズルい就職先の探し方【5つのステップ】

【未経験】【高卒】【フリーター】どんな条件であっても、今回のステップアップ方式を活用すれば、社員雇用の確立はグッと上がります。 実際に自分が経験したことに、具体的なテクニックを織り交ぜて紹介します。
接客業

【失敗談で知る】バイトの新人教育がグッと変わる雑談力

やりがいはあるけど、悩みが尽きない仕事No1が【人材育成】 「教育のコツがあれば知りたい」「自分の教え方が正しいのか分からない、自信が持てない」「バイトの子すぐに辞めちゃったけど何が悪かったんだろう」といったお悩みのヒントを紹介いたします
店長経験

『つかみ』が上手い人は第一声が違う【飛び込み営業される側】の心理

飛び込み営業で「つかみが上手い」と感じる人と「第一声目でこれはダメ」と感じる人の大きな違いはどこなのか。飛び込み営業される側の「気持ち」や「立場」を深く理解しているかどうかだと思います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました