【かっこいいお父さん】になるための道のり

仕事術

「ダメな上司」対策が上手い人は間違いなく有能!人に言えない裏思考

投稿日:

何故かどこの会社にも高確率で存在する「ダメな上司」と言われる人材。


「自分はどうにか対策しようと、状況を良くしようと努力を重ねているのに、なんだか上手くいかない」


そんな上司と部下という関係性のしがらみから脱却できずに、心が折れてしまいそうな頑張り屋さん……ちょっとブラックな思考変換術で、ダメな上司を踏み台にしませんか?(笑)


本当に相手がどうしようもない「ダメな上司」なのであれば、選ぶべき選択肢は限られます。

撤退して「どこにでも高確率でいるダメな上司」に新たに出くわす転職の道を選ぶのか、ダメな上司を踏み台にして自分の価値を引き上げる道を選ぶのか……どっちの選択肢がお好みですか?

もちろん他の選択肢でもOKです。

ただ、「こんなに嫌な思いさせられたんだから、せめて何か見返りが欲しい」と踏み台にする(笑)選択肢をお好みの方は、ぜひ読みすすめてみてください。

その上司はどこが「ダメ」?自分の考え方との差を考察する

上司に限りませんが、他人を否定するということは、「自分の考え」と「相手の考え」がすり合わないということ。

それ自体が悪いということは一切ありません。

ですが、その「否定する理由」が自分自身にとってメリットのあるものかどうかは、考えておいて損はないです。

それでは考える時のポイントをいくつか紹介します。

自分の意見の「ダメポイント」を探してみよう

先に断っておきますが、自分を否定しなさいという意味ではございません(笑)

「ダメポイント」とは言ってしまえば弱点ですね。

自分の弱点を知って、弱点を守ることで、心の余裕が生まれます。

心に余裕があれば、視野が広がり、自分自身のレベルを大きく引き上げます。

逆を言えば、自分の急所を知らずに生きるということは、心臓を手のひらに乗せてジェットコースターに乗るようなものです(大げさ)

さまざまな意見や思想と立ち向かうため最善対策として、まずは自分の心の平常心を保つ方法を取得してみてください。

その人は本当に「ダメな上司」?

色々なところでダメな上司をピックアップした情報や記事を目にしますが、実際のところその上司は本当に無能なんでしょうか?


例えば「誰かの批判をしている人」を思い浮かべてみてください。


その人は相手の悪いところだけじゃなく、自分にも非がある部分を口にしていますか?


恐らく話の内容のうち9割以上は、相手の悪いところだけを言い続けているのではないでしょうか。


人間であれば当たり前の心理思考なので、それ自体が悪いというわけではなく、無意識に相手の良い部分を認めたくないという意識が勝ってしまい、「この人はダメな人であってほしい」という感覚になっていることは、よくある話です。

ダメな上司というレンズ越しに見て、ただ単純にキライという状態になっていたりしていませんか?

ここで「あ、そうかも」と素直に思える人はまだ間に合います。

結果的に自分が損をする可能性が高いので、一旦冷静に相手のことを客観視して、少しでも肯定できる部分がないか探してみることをオススメします。


相対する人間であれ、認めるべきところを認められるというのは、人としての器が大きい証拠です。

発言に一貫性がないのは「ダメな上司」?

一概には言えませんが、ある一定のレベルに達した「デキる上司」は、一見「発言に一貫性がない」ように見える発言をすることがあります。

これは状況に応じて柔軟に方向性を修正できる、という能力の証です。


はっきり言って、これができる上司は割と希少です。


最新の情報収集力・取捨選択力・柔軟性・決断力などハイレベルな能力が揃っていないとできない芸当なので(笑)

なので、大体の場合は発言に一貫性がなければ、考え方の芯が弱いと言えますが、上記のようなパターンもあるので、決めつけをする前に、よく発言の意図を探ってみることは大切ですね。


方向性を変えたとしても、明確にすべきゴールが一緒なら、問題はありません。

むしろゴールに向かう新たな最短ルートが見つかった時に、一貫性に固着して利益損失をしてしまう方が、よほどに問題です。


参考までによければ知っておいてください。

なぜそのダメな上司の意見に反対したくなるのか

そもそも、なぜその上司の意見に反対したくなるのか、受け入れまいとあらがいたくなるのか。


それは「相手のことを自分より上だと思っているから」です。


……え?仮にも上司なんだから当たり前じゃないか?


そうなんです。当たり前なんです。

当たり前だからこそ真面目な人ほど「ダメだこの人」と思っていても「職場での関係性でいえば自分より上の人間」と思い込もうとしちゃうんです。

もう大丈夫。捨てましょうその認識。

その上司が本当に自分よりダメな人で、認める価値がないのであれば、心の中で「人間性が自分より下」と割り切って考えてしまうのも一つの手です。

いやぁ、まさに人に言えない裏思考(笑)


こうすることでどうなるか。

そう、なんだか可哀想に思えてくるんです。

仕方ないんです。

一生懸命保身のために虚勢を張っているものの、実力とポジションが見合ってないんです。残念なことに。

どうでしょう? そんな人のくだらない意見を、正面から相手してあげる必要はありますか?

ここまで読んで自分の考えに疑問が浮かんだか

さて、ということでここまで読んでみた時点で、ほぼ反応が2つに分かれますが、貴方はどちらでしょうか?


一つ目は「自分の考えが甘いって批判されてるようにしか思えない」という反応。

二つ目は「自分が間違っていたとは思わないけど、何かもやもやする」という反応。


ちなみに昔の僕の反応は一つ目でした。


人には「レベルが一段階上がる前の時期」というものがあります。

その中で『自分の意見は正しいと思う時期』も必要だと僕は考えています。


角がたたない生き方を貫ける人も、もちろん素晴らしいですが、ちょっと尖って失敗しながらでも、ぶつかって進んでいって得た経験というものは、自分のメンタルを支える貴重な財産になるからです。

最初はある程度「自分は間違ってない」って意地張っちゃってもいいんですよ。

ちゃんと、自信と実力がついてからでも遅くありません、

あとから丸くなれば良いんです。

ほら、昔から言うじゃないですか「実るほど頭を垂れる稲穂かな」って。


あと付け足しておくと、これはあくまでも心構えのことですので、くれぐれもご注意を。

尖るといっても、むやみやたらに噛み付くのではなく、最低限の誠意を持って対応してくださいね。

ダメな上司対策。ちょっと黒いコントロール術

さぁ、ここまで読みすすめて来てくださったということは「心の準備」はできているのではないでしょうか?

心の準備が整ったら、今度は上手く上司を利用す……もとい、上司と上手く仕事のパートナー関係を作る方法をご紹介いたします。

相手の心をくすぐる「頼り上手」

全員だとはいいませんが、主に「ダメな上司」というレッテルを貼られる方々の特徴として、プライドが高いというものが挙げられます。

こういうタイプは、実のところコントロールしやすいんですね。

というのも「気持ちよくなるように」話し方や、関わり方を工夫してあげれば、割と簡単に態度が変わったりします。

ではどういう方法がいいかというと「頼る」ことです。

はい、ダメだと言われる時点で頼れないというのは分かっていますとも。えぇ。

正しく言うと「頼っているようにみせる」ことがポイントです。


例えば、その上司に対して「確認しても仕方ないから聞かない」仕事があったとします。

確認する必要がないその仕事を、あえて『おうかがい』するんです。

「この資料作ってみたんですが、これで良いでしょうか」

この時点では「メンドくさいなぁ」とダメ上司なら思うかもしれません。

ポイントはこの次!見てもらったあとに誠意を込めて「ご指導ありがとうございます」っていう態度と言葉を投げかけるんです。


ダメな上司からご指導なんていただきたくないわ!って思うでしょうが、いただいた振りをしてあげてください。

「なるほど」とか「勉強になります」とか適度にあいづちをとるのもポイントが高いです(笑)

これを繰り返しているうちに、だんだんと貴方に対して「こいつはやる気があるし、俺を上司として認めている使える部下だ」という印象が刷り込まれていきます。

そうやって徐々にイニシアチブをとっていけばいいんです。

自分に価値があれば会社も動く

はっきりいってここまで出来る人は「有能」といっていいと思います。


ここまで「ダメな上司」を上手くコントロールして仕事をこなしていく能力があるなら、ある程度期間が経てば会社内でも発言力がついてきます。

そうなればもうこっちのもんです。

このブログの読み始めに思った「こんなに嫌な思いさせられたんだから、せめて何か見返りが欲しい 」という願いが叶っています。


想像してみてください。

ここまでたどり着いた貴方は『スキル』『社内での地位』『信頼』……いくつの宝物という見返りを手に入れていますか?


自分の居場所は自分で決めることができます。

それと同じように、自分の環境は自分でつくることができるんです。

ぼちぼち息抜きも交えながら、ダメな上司すらも踏み台にできるスキルを磨いてみてはいかがでしょうか?

-仕事術
-,

Copyright© 育成の樹 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.